<   2007年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

そういえば俺はなんと来週末、富士山に登るのだ!
タバコノケムリの前にパワーをもらってくるよ。
天気と高山病が心配だけど
無事登頂して御来光を浴びれるように祈ります。

今日は買い物。アウトドアショップや登山専門店に行ってきます。

f0128703_1444516.jpg

by tjd0302 | 2007-08-31 14:44
f0128703_22473619.jpg

フィガロとクレオ。
だいぶ仲良くなってきたふたりです。
名前はやっぱりクレオに決定した。
フルネームはクレオ・ボンゴ・アナスタシオ。
よろしく。

f0128703_22505152.jpg

今のところの特徴としては、新聞が大好きなようです。
座ったりじゃれたり新聞と一日戯れている。

f0128703_2324190.jpg

クレオと比べると、すっかり大人になったように見えるフィガロ。
すっかりいいおんなになってくれたなハニー!


今日は一日涼しく、夏の終わりを感じさせる一日だったね。
蝉の鳴き声もだいぶ衰えてきてる気がする。
まだ総括するには早いかもしれないけど
みなさんはどんな夏を過ごしたかい。
俺はまあ全体的には静かな夏でした。
いつも夏は無条件に祝祭的な空気が満ちてるけど
そういう空気は今年はほとんど日常的にはなかったように思う。ライブもなかったしね。
でも、だからといって楽しくなかったのかと言うとそうでもなくて
とても充実して楽しい夏だった。フジロックも楽しかったし、
ハッピーな出来事も多かった。世間一般で言う夏らしい事は
なんにもしてないけどさ・・。スタジオにたくさん入ったり、
ちまちまと部屋でリズムのアレンジに没頭したり、
どちらかというと秋冬的な静寂さのある夏でした。
真夏の暑い日の静寂さってサイケでシュールな感じがするのは俺だけだろうか。

ああ、じゃあこうしよう。秋冬はきっと世間一般では読書だとか芸術とか
なんか内向的なイメージだけど、俺の今年の秋冬は
逆に夏のムードでこう、ぱああっとしよう、開放的に。
決めた決めた。そうしよう。ツアーもあるし。
真夏は静粛に読書、秋冬はマフラー巻いてパーティー!

あのさあ全然話変わるけど、そして長くなるけど
ちょっと夏は、なんだビーチだパーティーだやれ恋だ海だわっしょい、
はじけるぜ俺!みたいな空気出し過ぎじゃないかこの世の中!そして音楽!
もうそういう曲コンビニとかでかかってるとうんざりしちゃう。
春もやれ出会いだ別れだ桜だ桜が散るだ咲くだ切ないのなんだってもう
ちょっともういいでしょう毎年毎年・・と思わない?俺はひねくれてるのかなあ。
まあ良い曲で良い詩ならなんの文句もないんだけど結局のところ。
by tjd0302 | 2007-08-30 23:50 | LOVERS
『しなくちゃいけないわけじゃないけど、やりたいことがあったり

意味も無く恋に走ったり、無条件で友達を信じたり

その時感じる喜びは、抑えたくない

あの夏の日の感情は、ある日また、君を訪れるだろう

(中略)

4年生に上がって、嬉しかったのに

それが最悪の年になってしまったり

一年生になった時も期待してたのに、期待し過ぎだったり

デートをした女の子のことが恋しくなったり、自分勝手に恋焦がれたり

あの夏の日の感情は、ある日また、君を訪れる』

                 Jonathan Richman ~ 「That Summer Feeling」
                               
                       
サマーフィーリング・・。

なんだか切ない歌詞と歌です
今頃聴くと胸がキュウウウウウっとなってしまう。


さてみなさん、知っていますか?
秋のツアーのホームページ先行予約、今夜からです。
まだ先のことだから予定とかわからないなぁ・・とお悩みのアナタ!
わからないからこそわからない今、チケットをゲットしたらいい!
まだまっさらな手帳の11月のページに書き込む最初の予定は
「tobaccojuiceライブ」でお願いしたい!あなたの予定を逆先行予約!
「まだまだ恋に気づけない若い犬」ツアー、どうぞよろしく。

f0128703_2281548.jpg

かっこいいぜ、ジョナサン。
by tjd0302 | 2007-08-28 22:08
自由が丘マルディグラに
かちむつみと脇山広介のライブを観に来てくれたみなさん、
本当にありがとう、感謝!大感謝!最高な一夜だったな。

ずいぶん時間的に遅くなったけど、そんな時間までお付き合いありがとうございました。

かちさんと二人でやる意味がハッキリ見えた夜でした。
かちさんの、弾き語り、バンド、双方に無い事がやっと二人で出来てきたのでは!
そんな感じでした。・・・・わからないけど。俺としてはね。
ピアノと歌だけの弾き語りも、バンド編成のミツムジカも相当良いから
しばらくピアノ&ボーカルとドラムだけ、という編成でやる事に
多々頭を悩ませていたけれど。フジロックで観たジョナサン・リッチマンが
とても良い影響を与えてくれたのかもしれないな・・。
まあいいの、そんな事は。とにかく最高にたのしかった!

来てくれた人、ありがとう。ホントに。
久し振りに会えた人もいたし。まあいつもの人もいたし。
とにかくとにかく最高な夜でした!(しつこい?)

サンキュー。
f0128703_2415970.jpg

マルディグラ。カウンターの中にて。かちむつみ。
by tjd0302 | 2007-08-27 02:42
f0128703_21305935.jpg

久し振りに、チームtobaccojuiceのBBQ。
スタジオ後の真夏の夕暮れに、みんなで楽しく過ごした。
蝉の声とFMからの音楽になんかジーンとした。

さて明日は、かちむつみと脇山こうすけのライブ。
出演時間は21:30、自由が丘マルディグラにて。

来て欲しいなぁ。一人でも多くの人に聴いてもらいたい。
時間がある人、来て下さい。是非。・・・是非とも!!
by tjd0302 | 2007-08-25 21:44
最近の俺の日々はとても充実している気がしてて、
なんだかうれしい。疲労すら心地がよくて。
スタジオに入ってドラムセットの前に座るのがとてもシアワセだし、
家に帰ってからスタジオのMDを聴いたりするのもとても楽しい。
音楽が鳴ってない時も曲が勝手に頭のなかで鳴り始めて、
リズムやアレンジの事をぼんやり一点を見つめて考えていたりする。
日々、音楽の事だけですごくワクワクしている。
自分が嫌でよく腐ったりしていたけど、最近はそういう悪い癖は影を潜めている。
こういう状態がいつまでも続きますように。tobaccojuiceの新曲のことはもちろん、
かちさんやLiquidのこともあって多少忙しいけど、
多分おれは心と体を忙しくさせている方が精神のバランスがいいようだね。

さて我が家のねこ問題。フィガロと新しい子猫の関係はと言うと。
お互い意識しながらも、しばらく子猫が1階、フィガロは2階、というテリトリーで
干渉のない冷戦状態でした。まだ子猫は2階には上がれないからね。
f0128703_19532731.jpg

トイレやごはんは1階なので、たまにフィガロが降りてくると
子猫は罪の無い全く屈託のないムードでフィガロに近づき、
フィガロが怒って、そしてやや慌てて逃げ出す、という図式でした。
f0128703_19401414.jpg

f0128703_19403085.jpg

f0128703_19404044.jpg


ところが。

どうやら子猫の方は階段を実は昇れるらしい(写真参照)
f0128703_19425759.jpg

2階にいればあのわけのわからないちっちゃいやつのいない自由な世界、と
思っていた様子のフィガロだが(写真参照)
f0128703_1944689.jpg

これには多少面食らったようで
ここ数時間追いかけられたり追いかけたりを繰り返している。
それを見てると楽しくって、俺の練習もすっかり手に付かなくて困っている。
しかしこうやっているうちに仲良くなってくれれば、と祈っているよ。
f0128703_2092589.jpg

この子の名前はまだ決まらない。どうしようかな・・。
鼻がね、凄いピンク色なんだよ。
f0128703_20105740.jpg

ああ、しかし猫の写真ばかり載せて、ひでのブログみたい・・。
by tjd0302 | 2007-08-24 20:14 | LOVERS
この子が我が家に!
f0128703_2243512.jpg

by tjd0302 | 2007-08-22 02:24 | LOVERS
今は深夜3時半くらい。
今夜もひどく暑い。BGMはロッド・スチュワート。
「Maggie May」、素晴らしく良い曲だなぁ・・。
彼がカヴァーしたトムウェイツの「ダウンタウン・トレイン」が
俺にとってはイマイチで、あまり他の作品も積極的に聴く意欲も湧かず、
有名なわりにあんまり興味の持てないアーティストのひとりでしたが
この間みたDVD「ロード・オブ・ドッグタウン」で凄く
良いシーンで印象的に流れてて、ベスト盤を引っ張り出してきたら
入っていました。うんざりする暑さを忘れたい時に聴くといいよ。
「~ドッグタウン」は音楽の使い方が全体的に良かったな。
あとね、ジョン・ロビンソンがすごくキュート。「エレファント」の時から
いいなあこの子は!と気になっていたけど。
俺がティーンエイジャーの女の子だったら夢中になっていたろうな・・。


前置き長くなっちゃった。
少し更新に間が空いてしまいましたが、みなさんお元気ですか。
暑い日々が続いていますね。

tobaccojuiceは仲良く全員、夏風邪をひき
多少弱ってはいますが、まあなんとか頑張っています。
相変わらず新曲作成の夏を過ごしています。
タバコノケムリまで一ヶ月を切り、共演が古くからの友人のバンドBASIL
決定しました。踊れて泣ける稀有なバンドです。
今回のタバコノケムリもハッピーな夜になりそうだよ。

個人的にはここ一週間、良いライブを観て刺激をもらったり、
DVDを何本か観たり、横浜に行ったり、朝までドラム叩いたり、
実家に帰って家族と食事したり、髪を切ってもらったり、
わめいたり、お酒を飲んだり、イタリアンをご馳走になったり、
悪態をついたり、果物を食べたり、・・まあ、つまり平凡ながら平和に生きていました。
フツーの日々をフツーに生きるのはなんてシアワセなことだろう、と思う。

そういえばコメントの返事、最近サボってますね俺は。
でも書いてくれる人たち、ありがとう。
そろそろちゃんと返事も書くので懲りずにコメントしてね。

あ。あとかちむつみさんとの26日のライブ、(右欄参照ね)
出演時間は21:30頃~とのことです。時間がある方は是非お越しを!

Liquidの事もこの際ちゃんとお知らせしようかな。
えーとね。Liquidは7月のドラマーの脱退に伴って
その後任として俺が今後サポートすることになりました。
活動の拠点は横浜だけど今後は多分都内でもライブするから
興味のある人は、このブログでもライブの宣伝をするので
チェックして遊びに来て欲しい。Liquidはギター、ウッドベース、ドラムの
スリーピースバンドで、基本的にはインストゥルメンタルで
セッションをしながら楽曲を作るスタイルのバンドです。

個人的なドラムのおはなしをさせてもらうならば、
tobaccojuiceでは、としまさの歌や詩の世界が最重要で
それに沿ったリズムを紡いでいて、差し引きのプレイや、
シンプルなリズムの息遣いが刺激的だと俺は思っているんだけど、
Liquidでは演奏の即興的な足し算って感じで
あんまり予想が出来ない。まあただ物凄く叩きまくるんじゃないか、と思う。
突然スティックを置いて踊りだしたり、立って叩いたり、するかもしれない。
いや、わからない、しないかもしれない。自分でもライブでどうなるか
ちょっとまだ分からないけど・・。まあとりあえずお披露目の
09/19サムズ・アップ、時間があったら来てください。

あーすっかり長く書いちゃった。
明日はスゴイよ!スゴイ日なんだ。フフフ。
お楽しみに。
・・あ。個人的な事だからね。バンドのお話ではないので
そういう期待はしないように!

f0128703_3501332.jpg

カリブの海賊に怯えるミッキーたち。
アトラクションもののTシャツは珍しいと思うんだけど。
誰か他のアトラクションもの、見かけたら教えて下さい。
仙台で10月に行われる「Mega☆Rocks 2007」に出演が決まりました!YES!
やった!牛たん!

昔シアターブルックの前座をしに仙台に行ったけど
その当時は三人組タバコジュースだった。
4人になった今の俺達を是非観に来て欲しいな。
北海道を除けば遠征ライブでは最北の街です。
土日の2日間、通しチケットを買えば
たくさんの会場でたくさんのバンドが楽しめる仕組みの
イベントみたいなので是非近県の人たちもおいでおいで!
しかも良い季節だよ10月中旬だなんて。
一年でいちばんセンチメンタルな風の吹く頃です。
絶対楽しいって!楽しみだなぁ!









今日のミッキー。
f0128703_23471741.jpg

素晴らしい音楽の先輩がとある夏にとある海辺で俺に
突如プレゼントしてくれた思い出のシャツ。大切な一枚。
猛暑が続いていますね。みなさん、お元気ですか。

俺は久し振りに有意義な週末だったよ。

土曜日はリキッドのリハのため、横浜FADに行ってきました。
だんだんと二人の事が分かってきた感触。
そして二人に浮き彫りにされる自分のロックな血も再認識した。

リハ後、目黒にて映画を二本立てで観た。
「フランシスコの2人の息子」と「バベル」。
イニャリトゥ監督の作品は大好きなので「バベル」も
物凄く楽しみにしていた。なんかネット上では批判的な意見も多かったようだけど
俺は文句なしに素晴らしい映画だとここに宣言します。
「フランシスコの~」も暖かくて良い映画でした。
また、俺の中南米ブーム再来の兆し。

日曜日。またまた横浜へ。
山下公園、中華街を散策後、寿町フリーライブへ。
いやーほんっとに凄いイベントだった!!
まず第一に寿町という街が物凄い!まあ典型的なドヤ街なんだけど。
ライブ会場はその街の職安の特設会場。
相当ナゾなルックスの人とかたくさんいた。
現場のヘルメット着用で踊ってたり、パンツ一枚のおじさんもいたし、
噂どおり、というか噂以上で相当すごかった。
本当にこんなに凄いイベントは見たことない!
きっと山の手育ちの子供達には同じ日本とは思えないだろうと思う。

そういやこの間書いた大学のサークルばなしでさ、大事な人を書きそびれてたけど
バーバーフィッシュのベーシスト吉原君も大学の同期なのね。
彼も観に来てたりとかしてて、あと後輩とか、なんか友達がたくさんいて面白かった。

良い音楽、良い言葉にたくさん出会えてステキな週末だったなぁ!

まだすぐには芽を出さないけど確実になにかいろいろな想いを生むであろう種子を
心の中にばら撒かれた。
by tjd0302 | 2007-08-12 00:00